FC2ブログ

***ツレヅレナルママニ***

思ったままに、感じたままに・・・。

55観劇に行ってきました。
今日で千穐楽の東京55。
どんなキャストになろうとも、千穐楽には足を運ぼうと決めていました。

今日はS1下手からの観劇です。
昨日の興奮はあまり醒めず、そのまま今日を迎えた感じでしたので、
心の中はドキドキでいっぱいでした。
そう、55初観のときのように。

[Overture]から[Welcome To The Theater]へ。
清道さんの歌声も、いつもよりも心なしか大きめに感じました。
そこから、何度ボロボロ涙が出そうになったかわかりません。
キャストのみなさんはめちゃくちゃ気合が入っていて、昨日も凄いと思った舞台が
さらに凄く感じました。
ちょっとしたパプニングはあったものの、ホントにいい舞台でした。
ハギさんは[Be Our Guest]でものすごい汗を飛び散らせながら踊っていました。
そして[Variations]のダンスの気合と言ったら、ホントに凄かったです。
[Variations]であんなに気合の入ったダンスを踊るハギさんを初めて観ました。

今日も洋くんを見つめてきました。
千穐楽は全体を観ようなんて思っていたんですが、そんなの無理な話でした。
劇場に着くまで、直前キャス変がないかドキドキしていたんですが、
しっかり千穐楽の舞台に立ってくれました。
[Applause]
暗闇に浮かび上がる洋くんの姿を観ただけで、泣きそうでした。
いつもと何も変わらない、スラっと長い腕と、思い切りのいいダンスで、今日もしっかり
洋くんの世界に引き込んでくれました。
いつ観ても、[Applause]の洋くんのダンスは気持ちいいです。
クールに踊っていたかと思うと、いきなり笑顔になったり、表情変化がつくように
なってからは、以前よりも踊ることの楽しさを感じているように感じます。
[Fortune Favors The Brave]
中央ボテを飛ぶ時のジャンプの高いこと。
あんまり勢いよく飛びすぎて、足大丈夫かな?なんて思ったりしました。
ものすごく気合が入っているのは昨日と同じ。
大きな掛け声を掛けていました。
何かと李さんに強く熱い視線を向けていました。
[I Just Can't Wait To Be King]
今日もノリノリの洋くん。
その隣では俊さんと李さんが、反対側では清道さんと凌さんが、ラウンドガールの
恒ちゃんに向かってアピールしまくりでした。
途中何度か岩崎さんの“裏拳”が洋くんの胸にヒット。
そのたびに「痛って~~~~~」という表情で、岩崎さんを睨む洋くん。
睨まれても知らん顔で“裏拳”をヒットさせる岩崎さん。
二人のやりとりが面白かったです。
[Topsy Turvy]
泉さんのバトンを「おぉ!!」という表情で眺めて拍手をしてから、泉さんとハイタッチ。
それから福井さんとタッチしてウォーキングスタートです。
今日も余裕タップリに、しっかりウォーキングする洋くん。
ウォーキングってかなり大変だそうですが、毎回そんなそぶりはまったく見せず、
むしろ楽しんでいるように感じました。
天井に行ってからの表情変化は相変わらず。
ちゃんと久美子エスメの動きを確認しながら首を振ったり、べ~ってしたり。
下手に下りてからの開脚ジャンプ、何気にきれいだったりします。
[Chim Chim Cheree]
BMXで通り過ぎるだけの一瞬。
縄張り荒らしてるんですが、ほとんど無表情です。
[Be Our Guest]
ステッキ使いはホントに上手です。
落としてからちょっとだけ警戒した感じが見えていたけれど、今日は思いっきり
振れていました。
ステッキでリズムを刻むのもいい音を響かせてました。
[アレキサンダーズ]
見切れるかな?と思っていた下手でのダンス。
なつ美さんと一緒にステップを踏むのをしっかり観ることができました。
中央でのダンスは、ものすごくキレがあって綺麗でした。
少し暗めの照明の中、帽子を被ってスーツで踊る姿はめちゃくちゃカッコいいです。
帽子もきれいに飛ばしていました。
[ガムラン/バリ舞踊]
洋くんのバリ舞踊は大好きです。
手の動かし方、足の動かし方、顔の動かし方。
独特な動きだけれど、洋くんらしいキレがそこらじゅうに見える感じです。
[祖国]
階段に立つ洋くんは、うっすらとおでこに汗を光らせながら、ほとんど瞬きはしません。
そして一点だけを見つめています。
[Buenos Aires]
思いっきり桃ちゃんに突き飛ばされた洋くんですが、そんなの気にせずに
智恵さんのところへ向かいます。
智恵さんを囲んでタンゴを踊り、智恵さんのパートナーとしてタンゴを踊る頃には
すっかり智恵さんに夢中な様子です。
最後、智恵さんを囲む前に、ポケットに手を入れて歩み寄っていました。
[Superstar]
いつもは少しだけ抑え気味なのに、今日は最初からリミッター振り切れていました。
ものすごい勢いで踊っていました。
思いっきり踊って、思いっきりターンしたら、珍しくターンがブレブレでした。
勢い余った感じです。
「本心なのか」の部分はしっかり右手を胸にあてていました。
[I Got Rhythm]
テンポよく刻むタップは、日に日に少しずつ早くなっているように感じます。
ハギさんと一緒に踏む時も、俊さんが合流してからも、そしてタップ隊全員の時も
乱れることなく、思い切り踏んでいました。
たとえ演技だったとしてもちゃんとみんながついてきてくれている、
そんな姿を観て、ホントに嬉しくなりました。
[Special]
通常カテコの[Waterloo]の時に2Fにあがります。
下手B・C席をグルっと1周握手します。
[Waterloo]の最後は舞台に戻ってバンドを指差してポーズ。
その後1人ずつの挨拶。最上手ボテの上に立つ洋くんからスタートです。
上手下手と交互にひとことずつ全員が挨拶した後で、清道さんをメインにして
[The Vaults of Heaven]の合唱。
挨拶から[The Vaults of Heaven]の時点でキャストは何人も泣いていました。
舞台中央でひとりずつお辞儀をして、最後に残った加奈子さんの“加奈子〆”で幕引き。
その後は[The Wizard And I]を含めた通常カテコです。
何度呼び出したかわからないくらい、いつもよりかなり長めのカテコ。
すごく笑顔で何度も出てきてくれて手を振ってくれたキャストさんたち。
ホントに嬉しかったです。

1幕の[Applause]から何度も泣きそうになりました。
でも[I Got Rhythm]までは泣かずに洋くんの姿を焼き付けようと思っていました。
でも実際には[Variations]の最後からいつ涙がこぼれ落ちてもおかしくない状態。
なんとか[Waterloo]の握手までは持ちこたえたけれど、洋くんの声を聴いたら、
全然ガマンできず、ボロボロと涙が落ちました。

55カンパニー。
今までのS&Dカンパニーに比べたら小粒だったかもしれません。
でも、ものすごい一生懸命さが伝わってくるカンパニーでした。
洋くんをはじめ、ハギさん、この演目で気になるようになった凌さん、桃ちゃん。
大好きなキャストで、いい演目を観ることができて、ホントに幸せでした。
この5ヶ月、めちゃくちゃ楽しかったです。
ホントにありがとう。
また名古屋55が変わらないカンパニーだといいなと思っています。

そして、洋くんには今日もたくさんの気持ちをいただいてきました。
S&Dは決まった役があるわけではないから、ダンスだけが自分を表現するものという
状況で、たくさんの先輩に囲まれて、重要な部分もたくさん任されて、
また成長できたのではないかと思います。
洋くんが初めて55の舞台に立った日から千穐楽まで、洋くんのダンスを
楽しむことができました。
たくさんの時間を共有できて、ホントに幸せに感じました。
ホントにホントにありがとう、洋くん。

そしてそして、今日全国ゾウ千穐楽を迎えた准くん。
初の全国、そして初のダンスキャプテン。
いろいろと貴重な経験をしたことでしょう。
この経験が、准くんの力になりますように。
ホントにおつかれさまでした。
スポンサーサイト



2009.03.29 23:39 | SHIKI | TB(0) | CM(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://airgroovy.blog78.fc2.com/tb.php/1501-9ecbb2a5

Calendar

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Jubilo IWATA

Jubilo IWATA

STARBUCKS

| ホーム |